dd 2875 form

DD 2875フォーム - Fillable DD 2875をダウンロードして編集する方法


私を読んで: English | Deutsch | Français | Türkçe | Dansk | Español | Português | Svenska | Italiano | Ελληνικά | Norsk | Nederlandse | Pусский | العربية | 繁體中文


一般的な紹介

システム承認アクセス要求と呼ばれるDD Form 2875は、国防総省のシステムと情報へのアクセスを要求している個人の信頼性を検証するために使用されます。 このフォームを使用している人は、それが最初のリクエストか、変更のリクエストか、非アクティブなタイプのリクエストかをリストする必要があります。 リクエスタは、自分の身元を確認できるように個人情報を記載する必要があります。 アクセスの承認は、情報の所有者、監督者、または政府のスポンサーから提供されなければなりません。 この個人は個人識別情報を提供し、フォームに署名する必要があります。


DDフォーム2875の記入方法

DDフォーム2875 - 退職者負担支払いシステムアクセスの場合

リクエストのタイプとして「initial」を記入し、次のボックスに日付を入力してください。

DD 2875フォームパートI

情報教育訓練の完了を確認するための「トレーニングと認定資格要件」を含むボックス1〜12を記入してください。申請者のボックス11に電子署名があることを確認してください。

DD 2875フォームII

退職者、年金受給者、生存者が、退職年金や年金受給者のシステム・データの正確性を見直し、維持することを支援します。

Box 14の「Authorized」ボックスに「X」、Box 15の「Unclassified」ボックスに「X」、Box 16に「X」を入れます。

ユーザーの管理者は、ボックス17〜20bを記入し、ボックス18に電子署名を記入します。

Box 26に名前を入力します。

:VAユーザーはボックスIDの生年月日(mmdd)をログオンIDに使用する必要があります。

DD 2875フォームIII

ユーザーのセキュリティーマネージャーは、ボックス29〜32を完了し、ボックス31にデジタル署名を持っています。

DD 2875フォームIV

空白のままにします。

DDフォーム2875 - 年金制度のアクセスの場合

ボックス1:[初期]ボックスに「X」があります。

ボックス6:空白のままにする:

ボックス9,10,11:TASO、SUPERVISOR、USERの署名;

Box 15:1行目にRINQ23P、2行目にDRASRCPSが含まれています;

Box 21:「年金受給者の年金受給者のシステムデータの精度を見直し、維持することを年金受給者に援助する」。

dd-2875

動画の説明とDD 2875の記入に役立ちます


DD 2875を記入するためのクイックチュートリアルPDF

WindowsまたはMac用のPDF編集ソフトウェアをダウンロードしてインストールする

「開く」ボタンをクリックしてDDフォーム2875テンプレートを開くか、直接フォームをプログラムにドラッグします。

必要に応じてこのDD 2875 PDFを編集します。

free download for Windows version

この投稿を評価する

(4 votes, average: 4.75 out of 5)
読み込み中...
Tina Clark
Tina Clark
副編集長のティナ・クラーク(Tina Clark)は、文書管理技術とソフトウェアに優れています。
ブログ